XX渡航のためのPCR検査

当内容は、日本政府や各国の政府機関等の一次情報のみを基に作成しておりますが、各国の対応は予告無く変更になる場合がございますので、最新の情報を必ずご自身でご確認いただきますようにお願いいたします。
 

XX渡航に必要なPCR検査の要件について

XX入国に際して、渡航前XX時間以内に受検した英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス陰性証明書の取得が必要です。Setolabo衛生検査所では、XX入国に必要なPCR検査を行なっております。

XXへの渡航時に必要な陰性証明書

検査方法RT-PCR検査
検体の種類唾液検査で渡航可能
有効な検査受検期間出発のXX時間前以内に受検したPCR検査の陰性証明書
例)12/15(水) 15:00 関空発のフライトの場合 → 12/13(月) 15:00以降に検査
検査機関Setolabo衛生検査所はXX国が指定する要件を満たしています
(Setolabo衛生検査所の提携医療機関の証明書で渡航可能)
証明書タイプ
証明書言語英語
証明書形式指定書式は無し。ただし、下記が記載されていること。
・パスポートと同じ氏名
・生年月日
・パスポート番号
・検査方法(PCR、LAMP、TMA、SDA等)
・検査日時
・検査結果(陰性であること)
・発給日時
・検査機関名
備考XXXXX

※情報元:XXX国大使館ホームページ

XX渡航に必要なPCR検査と陰性証明書の発行費用について

XX渡航に必要な、Setolabo衛生検査所でのPCR検査と陰性証明書の費用は、下記の通りです。表示は税込価格となっております。

PCR検査費用:5,500円
海外渡航用陰性証明書発行費用:13,200円

合計: 5,500円+13,200円=18,700円

※検査費用につきまして、現金でお支払いされる場合は税込6,000円となります。

XX渡航に必要な陰性証明書が当日発行できます

PCR検査の検体提出からXX渡航に必要な陰性証明書の発行までの時間は「各PCR海外渡航センター」によって異なります。検体提出の締め切り時刻が、それぞれ設定されていますので、時間に気をつけてください。詳しくは、「各PCR海外渡航センター」のホームページをご覧ください。

営業時間や検体の提出締め切り時間にご注意ください!
 

XX渡航のPCR検査の予約方法

PCR検査の予約は、「各PCR海外渡航センター」を併設しております、Setolabo衛生検査所の「各PCR検査センター」にてご予約いただけます。

XX渡航に必要な陰性証明書の申し込み方法

PCR検査を受けられる際に、窓口にて「陰性証明書の申し込み案内書」をお渡ししております。そちらの手順に従って、現地で陰性証明書をお申し込みください。申し込み方法がわからない場合は、窓口のスタッフがサポートさせて頂きますので、どうぞご安心ください。

XXへの渡航はSetolabo衛生検査所で

当検査所は、渡航用PCR検査指定医療機関(TeCOT:厚生労働省・経済産業省が運営するセンター)の認定検査機関です。Setolabo衛生検査所では、XX件以上の証明書作成・発行及び、多数の海外渡航実績がございます。

陰性証明書は、原本(紙)又はPDF形式で当日中にお受け取り頂けます。PDF形式でのお受け取りの場合は再度ご来店頂く必要はございません。

>PCR test for international travel

PCR test for international travel

We provide get Valid Format of Certificate of Negative Test Result. You get a negative certificate on the same day at Osaka, Nagoya, Kobe, Hiroshima, Okayama, and Kagawa.

CTR IMG