『当日陰性証明書発行』帰国時の待機期間短縮のための陰性証明書を発行しています

Setolabo衛生検査所でのPCR検査で待機期間が短縮に

Setolabo衛生検査所は「政府指定の検査機関」となっております。Setolabo衛生検査所で検査を受けることで、日本入国後の待機期間を短縮することが可能です。

※各地にある「PCR検査サテライト」や「PCR検査センター」は唾液を採取して衛生検査所に送る場所となっており、検査自体は、大阪と香川にあるSetolabo衛生検査所にて検査を行なっております。日本政府指定の検査所一覧(厚生省の一覧表)では、本社のある香川県に一括で登録されておりますので、確認の際に「PCR検査サテライト」や「PCR検査センター」の名前がなくても問題はありません。陰性証明書は検査を実施したSetolabo衛生検査所として有効なものを発行しております。

なお、各地にある「PCR検査サテライト」や「PCR検査センター」についても、利便性の観点から掲示が可能との見解を厚生省から頂いておりますので、現在、一覧に入れていただけるように申請を行なっております。なお、一覧に掲載された後も、検査は大阪と香川にあるSetolabo衛生検査所にて検査を行なっておりますので、陰性証明書の表記は変わりません。

参考:下記の画像を参照していただき、香川県のPCR検査機関で検索をお願いいたします。

厚生労働省指定検査機関の検索サイト

「確実に」「時間通り」に検査結果を受け取れます

「最短3時間」をうたったPCR検査を朝10時に受けて、実際に結果が戻ってきたのが夜8時だった・・・。。。そのような意見をよく耳にします。

入国後の隔離解除のための検査に関して、日本政府が検査結果を受け付けている時間が「午後6時ごろ」となっております。その後は、翌日以降の処理になってしまうため、検査結果が遅れてしまうことで隔離期間が+1日、+2日と伸びてしまうのが現状です。

都会を中心にPCR検査サービスが拡大していく中で、「過大広告」が問題となっています。

「低価格の検査を受けたが、自分の1日分の人生の時間が失われてしまい、かえって高くついてしまった」

何時間もかけて探した一番安い検査所で、そのようなことがあってはなりません。

Setolabo衛生検査所は、保健所の厳しい審査を受けて、精度管理などを行う『都道府県登録の衛生検査所』として登録されており、受託する検査の95%以上が行政から依頼された検査となっております。つきましては、検査結果の時間に関しても、理論値ではなく、実測値として表示しております。

Setolabo衛生検査所は、「適切な価格」で、「確実な検査」を皆様に提供しております。

隔離解除において検査機関選びは非常に重要となっており、安心してご利用いただけるように、自信を持ったサービスを提供していますので、ぜひご検討いただけますと幸いです。

各地のPCR検査センターはこちら

※検査結果の詳しい時間は、各検査センターのページで最新情報をご確認ください。
※大雪や大雨の影響で検体の配送に遅れが生じ、検査結果が遅くなることがあります(事前にお知らせをしています。)

>PCR test for international travel

PCR test for international travel

We provide get Valid Format of Certificate of Negative Test Result. You get a negative certificate on the same day at Osaka, Nagoya, Kobe, Hiroshima, Okayama, and Kagawa.

CTR IMG